福島県南酒販株式会社
会社案内 業務紹介 おすすめ商品 業界短信 リクルート お問い合わせ
おすすめ商品
オリジナル商品
ギフトカタログ

おすすめ商品
イベント
晴れ晴れ酒紀行
「白河だるま」の起源
今から約300年前、時の白河城主、松平定信楽翁公が、城下の繁栄をはかって「だるま」の技術を習得させ、旧正月14日を縁日として、大手門前に「だるま市」を張らせたのが始まりと言い伝えられています。(現在は2月11日に行われています。)
晴れ晴れ酒紀行
  約300年前から伝わる「白河だるま」と白河市内の2つの蔵元のワンカップを詰め合わせたセットです。
パッケージには福島県内の様々な縁起物が記載されています。
「白河だるま」は希望を願えば必ず成就すると言われている縁起ものです。

内 容 清酒180ml×2本入セット(オリジナルパッケージ)
価 格 小売952円(税抜)

セット内容清酒紹介


千駒 観光地ラベル
商品名 千駒 観光地ラベル
蔵元名 千駒酒造
白河市
酒 質 普通酒
アルコール度数 15度以上16度未満
特 徴 南湖の四季やだるま市、提灯まつりなど白河の名物がラベルに記載されています。



白陽 観光地ラベル
商品名 白陽 観光地ラベル
蔵元名 大谷忠吉本店
白河市
酒 質 普通酒
アルコール度数 15度以上16度未満
特 徴 東北三大名城のひとつにも数えられている白河小峰城がラベルに記載されています。




白河だるま
商品名 白河だるま
特 徴 「白河だるま」は、楽翁公日寺代の画匠、谷文晃の考によるもので、まゆは鶴、ひげは亀、あごひげは松、びんひげは梅,かおの下には竹を模様化し、全体に福々しい感じが特徴で、その品の良さは、日本一といわれています。
「目なしだるま」は、願い事をする時に、だるまの左目(向かって右側)に目玉を書き入れる風習があり、希望を願えば必ず成就するという縁起ものとされています。願望成就した時にもう片方の目を入れると言われています。願い事が特にない場合は両目を入れてお飾りしてください。
 




STOP!未成年者飲酒

↑ページの先頭へ
個人情報保護方針 お問い合わせ
Copyright (c) FUKUSHIMAKENNANSYUHAN Ltd., All right reserved.
STOP!未成年者飲酒 福島県南酒販株式会社