福島県南酒販株式会社
会社案内 業務紹介 おすすめ商品 業界短信 リクルート お問い合わせ
業界短信TOP

業界短信

日本酒世界一決める品評会
        純米大吟醸の部で会津中将が1位  
 日本酒の世界一を決める品評会「SAKE COMPETITION(サケ コンペティション)2015」は先頃、東京都港区の東京プリンスホテルで開かれ、純米大吟醸の部で鶴乃江酒造(会津若松市)の「会津中将純米大吟醸 特醸酒」が1位に輝いた。  
 市販酒を対象にした世界最大規模の品評会で、東京の酒販店などでつくる実行委員会の主催。純米大吟醸のほか純米酒、純米吟醸、Free Styleの計4部門に、全国335の酒蔵から1,028点の日本酒が集まった。表彰式では、ゲストの元サッカー日本代表の中田英寿さんが、鶴乃江酒造の向井洋年統括部長に1位の盾を手渡した。
 品評会には、県内から20の酒蔵が参加。宮泉銘醸(会津若松市)の「写楽 純米酒」が純米酒の部5位、「写楽 純米吟醸 播州愛山」が純米吟醸の部8位、名倉山酒造(同)の「名倉山 善き哉 純米吟醸」が純米吟醸の部6位、ほまれ酒造(喜多方市)の「会津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸」が純米大吟醸の部8位に入った。
【2015年10月一覧へ】
↑ページの先頭へ
個人情報保護方針 お問い合わせ
Copyright (c) FUKUSHIMAKENNANSYUHAN Ltd., All right reserved.
STOP!未成年者飲酒 福島県南酒販株式会社